FC2ブログ
妄想女子化
女の子になりたい妄想をつづります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甘い刺激
1024-cc-library010006282.jpg



最初は何も感じなかったのに。

そのうちなんとなくむず痒くなってきて。

今では触ると、甘い刺激が身体じゅうに駆け巡る感じがして。

日常生活で服がちょっと胸にこすれるだけも、急に感じてしまってびっくりする。。
やりすぎてしまったかなぁ。。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
溶け込む快感
resizeNTZDLI0P.jpg

みんなと同じリクルートスーツを着て、みんなと同じように就職活動に取り組む。

髪型も、メイクも、カバンも、ちょっと初々しい感じも、しっかり真似する。

化粧品会社の説明会は、女子ばっかりで、みんな見てないようで、しっかりチェックしているのがよく分かる。

まさか男がいるとも知らずに・・・。でも俺は素知らぬ顔で、女子になりきる。

あぁ、この倒錯感がたまらなく好き。
ガードルの締め付けを感じながら、私は今日も恍惚の世界に浸るの。

疼くと…
mune2.jpg

もうやめたいと思っているのに・・・。

心の奥が疼いてくると自然と女の子に切り替わってしまうの。

普通にしたいと思っているのに、気づくといつも受け身でされるのを想ってしまうの。

どうしたらいいのか分からないけれど、これが私の正直な気持ち。


やっぱりやめられない・・・
a0007_002784.jpg

もう女装はやめよう。

今度こそ心に決めたはずなのに、我慢できない。

誰かに見つかったら見つかったらどうするの? 

頭では分かっているのに、体の疼きが治まらない。


鏡の中にもう一人の自分が現れる頃には、もう迷いは消えていた。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


女装が堂々と出来る日
maiko.jpg

節分の夜、京都の花街にはお化けという伝統がある。

異なる年齢、異なる性別など普段とは「普段とは違う姿」をすることによって節分の夜に跋扈する鬼をやり過ごすためである。

毎年この伝統にかこつけて、舞妓姿になるのが僕の密かな楽しみだった。

さあ今年は友達を誘い二人で参加だ。

帯のきつさを心地良く感じながら、僕らはお座敷へ向かって行った。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
昼下がりの幸せ
holiday.jpg

日曜日の昼下がり。

外はいい天気だけど、出掛ける気にもならないとき。

そんなときはゆるーい女装をして、お気に入りの小説を読んで過ごすのが好き。

女の子になりきって過ごすと、体の奥から幸せがゆっくり広がっていく感じがするから。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村




兄の帰省
bust.jpg

むさ苦しい身なりだった兄が、女性になって帰ってきた。

帰省しなかった数年の間に一念発起し、念願だった女性ホルモンと手術に踏み切ったらしい。

かつての姿が全く想像できないほど美しい女性になった兄に、僕は一目で心を奪われてしまった。

「ねぇ、ちょっと触ってみる?」

声もすっかり女の子になった兄が笑いながら誘ってくる。

柔らかな胸に触れた瞬間、僕らは一線を越えた。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
女装は因果な趣味
20101220_3_052.jpg


女の子になりたいと思ったのは小学生の頃。
当時は毎日寝る前に朝起きたら女の子になりますようにと願っていた。

それから月日を経ること数十年。

女性になりたいという想い、女装したいという想いは変らずに心の隅に残り続けている。

男に生まれたのならば、いっそのこと女装に全く興味がない人間になっていたかった。
そうならば、こんな悩みを持ち続けることもなったのに。

女装は一度目覚めたらもう後戻りのできない、因果な趣味だと思う。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
残業のストレス解消
20131220aaa.jpg

会社で一番最後に帰るのはいつも僕。

仕事に追われる毎日のストレスに耐え切れなくなってきた僕は、いつも最後に帰るのをいいことに趣味の女装を会社で実行してみることした。

どうせ誰もいないし、ばれるわけがないはず。

深夜の更衣室でメイクと着替えを済ませ、倒錯と背徳感で興奮しながら今日も帰途についた。


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
新入社員の試練
shinjin

うちの会社は男ばかりのせいか、毎年忘年会で新入社員が女装するのが恒例となっている。

今年はどうやらキャバ嬢をイメージしてるらしい。

「さぁてどの娘にしようか」

社長が楽しそうに誰と座るか悩んでいる。

でも選ばれたら最後、長い夜になることをまだ新人は知らない。

僕は1年前の出来事を思い出しながら、後輩を遠くから見つめた。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。